スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


- 記事を読んでくださりありがとうございます -
当ブログは情報をメインとして記載していますのでコメント不可にさせて頂いています。
(管理人の記事など例外もあります)
記事をお気に召して頂けましたら この記事に拍手する やランキングをポチっとお願い致します。
管理人の励みにさせていただきます。

にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへにほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へにほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
ブログランキングならblogram


2/28発売松山ケンイチ初の著書「敗者」/新潮社:松ケン『敗者』、初の著作はすごく松ケンの本だった-Cut編集部日記

http://ro69.jp/blog/cut/79097
http://ro69.jp/blog/cut/79097

松ケン『敗者』、初の著作はすごく松ケンの本だった



20130304haisyacut001.jpg

これは松山ケンイチが書いた初の著作『敗者』。
書き下ろしの日誌になっていて、大河ドラマ『平清盛』に向き合った1年2ヶ月をめぐる、本当に赤裸々な内容になっている。

これまでに何度もインタビューをさせてもらった経験から言わせてもらうならば、これはまさに松山ケンイチそのもののような本だ。
インタビューで彼はいつもじっくりと考えながら、ひとつの質問に対してもっとも適した答えを出してくれようとする。
それは、「正しい」答えを探しているというより、「今自分が言うべき」答え、もっと言うと、「今自分が話して許される」答えを探しているようなイメージだ。
曖昧な言い方になってしまうけれど、この本は松ケンのそんな「姿勢」が何よりもわかるものになっている。
作者と会話をしているような作品、という形容はよく使われるけれど、対象にインタビューをしているような気がしている本というのはあんまりないと思う。
そういう意味でもすごく貴重な本だし、実際、本当に面白い。

また、この本で語られる作品は、『蒼き狼』『男たちの大和』『デスノート』『ドルフィン・ブルー』『誰かが私にキスをした』『デトロイト・メタル・シティ』『カムイ外伝』『ノルウェイの森』『GANTZ』などなど。
つまり、俳優・松ケンのほぼすべてであって、それぞれの時期に何を思っていたのか、といったことまで書かれているのもすごくいいし、あと、かつてちょっとひねくれた気分で聴いていたのがG.B.H.だったなんてエピソードも知ることができてなんだか嬉しかった。

いい本。オススメ。(小柳)



関連記事
スポンサーサイト


- 記事を読んでくださりありがとうございます -
当ブログは情報をメインとして記載していますのでコメント不可にさせて頂いています。
(管理人の記事など例外もあります)
記事をお気に召して頂けましたら この記事に拍手する やランキングをポチっとお願い致します。
管理人の励みにさせていただきます。

にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへにほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へにほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
ブログランキングならblogram


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。